免疫力向上サプリメントで毎日健康|病気にも効果的な健康食品

シニア

目に良い成分です

食材

長時間の加熱に弱いです

アントシアニンとは、抗酸化物質のポリフェノールの一種で、紫色の色素です。ブルーベリーやナス、ブドウなど濃い紫の食材に多く含まれていて、有害な光から身を守るという働きをしています。アントシアニンは、視神経に良い影響を与えることが知られています。視覚において重要な役割をもつ、ロドプシンの再合成を促す効果があるのです。ロドプシンとは網膜にあるたんぱく質のことで、再合成が上手くいかないと目がかすんだり疲れたりしてしまいます。アントシアニンはこのように有用な成分ではありますが、注意しなければならないのは長時間の加熱や保存に弱いということです。ですので、サプリメントで摂ると安定した摂取ができるといえます。また、この成分は毎日継続して摂取することが大切です。それは、体内に入ると24時間で尿とともに排出されてしまうからです。

様々な効果があります

知っておくと良いのは、目に良い影響を与えるアントシアニンは、他にも様々な有用な効果を持っているということです。例えば、メタボリックシンドロームや花粉症の予防に効果があります。メタボリックシンドロームは内臓に脂肪がたまりやすくなり、高血圧や糖尿病といった生活習慣病の原因ともなるものです。アントシアニンには、内臓脂肪が蓄積するのを抑制する働きがあるので、それらを防いでくれるといえます。またアントシアニンには、ヒスタミンという物質を減少させる効果があります。ヒスタミンはくしゃみや鼻水、かゆみを引き起こすものです。アントシアニンはヒスタミンの過剰な放出を防ぐので、花粉症を予防する効果もあるといえるのです。